施術が受けられない場合も

医者

まぶたの状態を確認

希望する二重まぶたの美容整形があっても、まぶたの状態によってはその施術が合わない場合もあります。場合によっては施術を受けてもすぐに元に戻ることもあるので、カウンセリングで医師と相談してみましょう。カウンセリングでは、医師がまぶたの状態を確認し、最適な美容整形の施術を提案してくれます。埋没法の施術を受けたいと思っていても、まぶたの脂肪が多い方や皮膚が厚い方は、切開法の施術を提案されることもあります。その場合は施術費用も変わってくるので、もし予定していた費用よりもオーバーしてしまう場合は、ほかに施術法がないか相談することもできます。逆に、埋没法の施術で理想の二重まぶたに仕上がることもあるので、まずは医師の判断を仰ぎましょう。

理想の仕上がりを伝える

二重まぶたの美容整形は、大きく埋没法と切開法に分けられますが、施術費用だけでなく仕上がりも違いがあります。なるべく自然な二重まぶたにしたいという方の中では、埋没法が人気です。埋没法は専用の糸で留めて二重まぶたにすることができますが、2点留めか3点留めかによっても変わります。まぶたの厚みがあまりなく、周りに美容整形の施術を受けたことを知られたくないという方は、埋没法がおすすめです。はっきりとした二重まぶたにしたいという方は、切開法による美容整形が良いでしょう。以前、埋没法の施術を受けたことがある方の中には「仕上がりに満足できなかった」「すぐに元に戻ってしまった」という経験があるケースもあります。そのような方にも切開法がおすすめです。カウンセリングで埋没法の施術を受けた経験、継続した期間や満足度についても伝えておくと、医師がより最適な施術法を判断しやすくなります。

保障制度もチェック

ほとんどの美容クリニックでは、保障制度を設けています。保障制度があれば、施術後すぐに元に戻ってしまっても、医師の判断によっては再施術を受けられます。その場合、施術費用はかかりません。ただし、施術法によっては保障制度が設定されていないこともあるので注意しましょう。また、施術法によって保障期間も変わってきますので、施術前のカウンセリングで確認しておいてください。