埋没法と切開法の違い

鏡を見る女性

埋没法の特徴

埋没法の大きな特徴は、やはりメスを使用しないという点です。美容整形の施術を受けたことがない方の中には、メスを使用する施術に対して恐怖心を抱く方が多いです。埋没法ならその恐怖心もなく、憧れの二重まぶたに近づけることができます。また、自然な仕上がりというのも埋没法の特徴で、留める箇所が2点留めか3点留めかによっても印象や持続期間が変わります。施術時間もおよそ10分と短く、費用も数万円から10万円で受けられます。やり直しがきくというのも大きなメリットで、もし仕上がりに納得がいかなければ二重幅を調整することができます。埋没法の場合、効果は永久的ではないため、時間が経過するとともに元のまぶたに戻ります。そのため、定期的に施術を受ける必要があります。埋没法の美容整形を検討している方は、その分の費用や効果の持続期間も理解したうえで受けるようにしましょう。美容クリニックによっては保障制度を設けているところもあるので、その期間内にまぶたが元に戻ったときなどは、再施術を受けられるケースもあります。保障内容によっては費用がかからないので、制度の内容をチェックしておきましょう。

切開法の特徴

切開法には、目頭や目尻など部分的に切開する方法や、全切開、眼瞼下垂施術などの施術法があります。切開法による二重まぶたの美容整形は、効果が半永久的というのが特徴です。埋没法のように、効果が薄れた頃にまた施術を受ける必要はありません。切開する方法によって費用も変わるので、美容クリニックのホームページで料金表を確認しておきましょう。確認する際には、費用の相場を知っておくことも大切です。眼瞼下垂の施術はあまり聞き慣れない方もいらっしゃるかと思います。この施術は、まぶたがたるんでいる方や、腫れぼったいまぶたで目が開けにくいという方に向いています。二重まぶたのラインに合わせて切開する通常の切開法とは違い、眼瞼下垂の施術は目の上を切開し、弱くなった筋肉を縛るという施術法です。そのため、施術を受ける方の中には、二重まぶただけど見た目にはわかりづらいことに悩んでいる方も多いです。施術費用は高くなってしまいますが、放っておくと視界にも影響が出てしまいますので、悩んでいる方は医師に相談してみましょう。切開法の美容整形の場合は、施術後のやり直しがききません。そのため、施術前のカウンセリングで理想の二重幅を伝え、仕上がりのイメージを医師と共有するようにしましょう。