ダウンタイムの目安

医者と看護師

期間はどれぐらい?

美容整形の施術は、仕上がりや費用について気になりますが、ダウンタイムがどれぐらい必要なのか気になるという方も多いでしょう。二重まぶたの美容整形の場合、埋没法・切開法でそれぞれダウンタイムが異なります。まずダウンタイムとは、美容整形の施術を受けた後から元の日常生活に戻れるまでの期間のことを指します。二重まぶたの美容整形は、施術後に痛みや腫れが生じることもあります。埋没法の場合は、ダウンタイムの目安はおよそ1週間です。個人差がありますが、施術後から1週間ほどで痛みや腫れは治まります。内出血が出ることもありますが、1~2週間で治まりますし、メイクで隠せる程度なのであまり気にする必要はありません。もしメイクをして痛みを感じたりしみたりするなら、数日はメイクをせずに様子を見ましょう。
切開法の美容整形を受けた場合、抜糸が必要になるので埋没法よりダウンタイムが長くなります。埋没法とは費用だけでなく、ダウンタイムも変わってくるので確認しておきましょう。抜糸は、目安として施術から1週間後ぐらいに行われます。施術後の痛みや腫れは、抜糸をする頃には落ち着いてきます。メイクや洗顔も施術からおよそ1週間はできないので、その間は眼鏡やマスクでカバーすると良いでしょう。切開法はメスを使用するので傷跡が気になるかと思いますが、2~3ヶ月経つ頃には目立たなくなるので心配は不要です。施術箇所に赤みが出ることもありますが、1ヶ月ほどで落ち着いてきます。

事前に確認しよう

二重まぶたの美容整形は、最初に埋没法か切開法かを選択します。そのときに、費用や仕上がりだけではなく、ダウンタイムについても医師に確認しておくようにしましょう。社会人の方は、ダウンタイムの期間によっては休暇を取る必要が出てくるかもしれません。個人差があるので断言はできませんが、その可能性もあることを考慮して施術法を選択すると安心です。実際に二重まぶたの施術を受けた人はどれぐらいダウンタイムの期間が必要だったのか、美容クリニックのホームページや口コミサイトなどで情報を集めるのも良いでしょう。費用や美容クリニックの対応、仕上がりの満足度など、気になることは事前に情報収集しておくと安心して美容整形の施術を受けることができます。